一般歯科

歯周病治療虫歯治療根管治療

お口の中の心配な状態や不快な症状について。
お話を詳しくお伺いした上で、明確な診療方針を、患者様とご相談の上で決めていきます。

お口の中の心配な状態や不快な症状について、どんな小さなことでも遠慮なくお話し下さい。
それぞれの症状を総合的に判断し、的確な診断を下します。病状や今後予測される経過について、分かりやすく丁寧に説明いたします。
また、診療方針については、患者様のご意向をお伺いしながら様々な治療方法を提示・ご説明させて頂きます。

歯周病治療

歯周病は今や生活習慣病のひとつとも言われ、歯周病は放置しておくと全身疾患を引き起こす引き金にもなりかねない病気です。また、歯を失う原因の大きな要因となっています。

歯周病むし歯

歯を失う原因で最も多いのは「むし歯」ではなく「歯周病」です。
「歯周病」によって歯を失う方は35歳頃から増加し、45歳以降では歯を失う主原因のトップが歯周病です。

歯周病とは

歯肉炎と歯周炎をあわせた歯周病には35~45歳で80%、45~55歳で88%の人がかかっているとの報告があります。
また歯肉からの出血、口臭、歯肉の腫れ、これら全ての症状は歯周病の予備軍となりえます。
歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病原菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
歯肉に炎症がおきた状態を『歯肉炎』、それに加え歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を『歯周炎』といいます。
また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

プラーク歯周ポケット
【歯肉炎】

プラークが歯の周りに付着することで歯肉に炎症が起こり、歯周ポケットが作られます。炎症の原因であるプラークが除去されると改善します。
※プラークとは「歯垢」のこと。

歯肉緑下歯石
【歯周炎】

歯肉炎が進行すると、歯を支えている骨(歯槽骨)にまで影響が及びます。歯茎から出血や膿が出たり、口臭も強くなります。歯槽骨が溶かされてしまい歯がグラグラして、最終的には歯が抜けてしまします。

主な原因はプラーク中の細菌

歯周病の主な原因はプラーク(歯垢)中の細菌です。
歯周病原性細菌から出される毒素によって歯周ポケットが作られます。
ここは細菌にとって住みやすい環境です。
歯周ポケットの中では歯周病原性細菌が毒素をどんどん作り出し、歯周病を悪化させていきます。
歯周病が悪化すると歯ブラシを当てただけで痛くなり、ブラッシングが疎かになります。
そうなると、さらに歯周病が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

歯周病原性細菌の一種

歯周病と全身の健康

歯周病原性細菌

近年、歯周病原性細菌が全身の様々な疾患に影響を与えていることを示す研究結果が多数発表されてきています。
歯科医師、歯科衛生士と一緒に「歯周病」を治しましょう。

治療方法

歯周病のもっとも基本的な治療法は、プラークコントロールです。
病原性プラークを除去し、口の中のプラークを正常なレベルに維持し、環境を整えることが重要です。
そのために通常、歯垢や歯石の除去とブラッシングの指導が行われます。

歯周病X線写真検査

歯周病X線写真検査

歯周ポケット検査

歯周ポケット検査って、なに?

他にも以下の様な検査を行っております
  • 位相差顕微鏡による細菌チェック(無料)
  • バナペリオキットによる細菌量のチェック(オプションのため有料)
歯周病再生治療

歯周病を放っておくと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて、歯を固定する力がだんだん弱くなります。さらに放っておくとついには歯を失うことになりますので、歯周病の炎症が歯肉の奥まで進行し歯周組織の破壊が著しいときには歯周組織を回復させるための外科手術(歯周外科手術)が必要となります。

  • 歯肉剥離掻爬術 歯肉剥離掻爬術 歯肉の下に遮断膜を設置し、膜の下に骨が再生するスペースを作ります。骨移植を併用すると骨の再生がより得られます。
  • GTR法 GTR法 歯石がよく見えるように歯茎を切り開いて徹底的に歯石を取り除く方法が行われます。
  • 歯肉剥離掻爬術 エムドゲイン 歯の周りに失った骨などを、より積極的に再生させるために、エムドゲイン(Emdogain)という生体材料を使用する方法です。
    エムドゲインとは、科学水準に基づく高い安全性確保のもと幼弱ブタ歯胚組織から抽出した生体材料で、歯が生えてくる時に重要な働きをするタンパク質の一種が主な成分です。
    局所麻酔下にて歯茎を切り開き、歯石などの感染部を取り除いた後、欠損部にエムドゲインゲルを塗り縫合します。

虫歯治療

歯の構成

虫歯(う蝕)は、ストレプトコッカス・ミュータンス菌によって引き起こされる歯の病気です。
虫歯は、進行度合いによってC1~C4に分類されます。

虫歯の進行度合

  • C1(歯の一番外側のエナメル質が侵された状態)

    C1痛みなどの自覚症状はありません。歯の表面にツヤがなく、ときに薄い茶褐色になる。

  • C2(虫歯が象牙質まで達し、穴があいている状態)

    C2冷たいもの、熱いもの、甘いもの、すっぱいものによって痛みを感じます。
    茶褐色や黒っぽくなっています。

  • alt=

    C3冷たいもの、熱いものがしみたり、ズキズキと刺すような、特有の痛みがある。

  • C4(歯肉から歯冠はほとんどなくなり、歯根だけが残された状態)

    C4普通は抜歯になる。痛みはなくなり、神経は完全に死んでいる。

C3・C4の段階になると、歯根の先の炎症を起こした部分に膿がたまります。
ときには、この膿の中の細菌や毒素が、血液などに感染し、血管をとおって全身に運ばれ、 関節炎やリュウマチ性疾患、腎炎、心臓病、血液疾患、皮膚病などの病気を引き起こすことがあります。 たかが虫歯1本と侮ってはいけません。
虫歯になっても早めに適切な治療を受け、早期発見、早期治療を心がけてください。

治療方法

虫歯治療

虫歯治療は虫歯に罹患している部分を、いろいろな器具を用いて丁寧に取り除き、歯の代わりとなる様々な材質の修復素材で治します。
直接法と言われる直接白い詰め物を詰める「CR(コンポジットレジン)充填」や、型を取り、インレーやクラウンで詰めたり被せたりする間接法があります。
インレーやクラウンについては審美歯科をご覧ください。

治療後もしっかりと歯磨きを

むし歯菌と、みがき残しのよごれがあるかぎり、
ふたたび虫歯になる恐れもあります。 虫歯と歯周病の両方を予防するにも、しっかりとした歯磨きと定期的な検診が不可欠です。

根管治療

根管治療とは、細菌に感染したり損傷を受けた歯髄を取り除くことによって歯根周辺の病気を治療・予防するものです。
深い虫歯や歯の亀裂、歯への外傷によって歯髄が細菌に感染したり、損傷したり、歯髄死になることもあります。 無痛で病状が進行する場合も多く、放っておくと歯根周辺の組織にも感染が広がり、痛みや腫れが生じます。
治療しないと抜歯が必要になるケースもあるため、無症状であっても定期的な歯科でのチェックが重要です。
場合によっては、CT等で詳細な検査を必要とする場合もあります。

※歯髄とは歯の神経のことです。

  • 深い虫歯によって、歯髄が細菌に感染した歯

    【1】 深い虫歯によって、歯髄が細菌に感染した歯。

  • 虫歯部分を除去し、歯冠から歯髄腔まで穴をあけます

    【2】 虫歯部分を丁寧に完全に除去し、上からの細菌感染が無い状態にして、子の治療を初めます。

  • リーマーやファイルという器具を用いて、歯髄腔および根管と感染された象牙質等をていねいに除去します

    【3】 根の中にバイ菌等が入らないように、ゴムのマスクをしてリーマーやファイルという器具を用いて、歯髄腔および根管と感染した象牙質等を丁寧に除去します。

  • 歯髄腔および根管を生物学的親和性を有する素材で充填します

    【4】 歯髄腔および根管を生物学的親和性を有する素材で充填します。

  • 修復歯を支えるための金属製またはプラスチック製の支柱またはポスト(合釘)を根管に挿入します

    【5】 修復歯を支えるための金属製またグラスファイバー製の支柱または金属製のポスト(合釘)を根管に挿入します。

  • 最後にセラミック製または金属製のクラウンで歯をかぶせて修復します

    【6】 最後にセラミック製または金属製のクラウンで歯をかぶせて修復します。

※グラスファイバー製支柱は自費になります。
※クラウン(被せ物)については審美歯科をご覧ください。