口腔外科

口腔外科とは

口腔外科とは聞き慣れない言葉かもしれませんが、口の中、顎の疾患を扱う診療です。
口腔外科の領域は歯が原因となるものからスポーツや交通事故による外傷、欠損や顎関節疾患さらには舌癌や歯周癌といった、癌にいたるまで多岐にわたります。口腔外科の治療により口腔・顎の機能改善、顔面全体の形態や機能回復が見込めます。
お口のことでお悩みの方は、どうぞご相談ください。

口腔外科の主な疾患

親知らず

生えてこれない親知らず
親知らず(第三大臼歯)は正しく生えていることが少ないために汚れが溜まり、歯肉の腫れや痛みを生じやすく虫歯にもなりやすい歯です。上下の歯がきちっと噛んでいれば抜く必要はありませんが、一度腫れや痛みが出ると繰り返しやすく残念ながら抜歯となるケースが少なくありません。
患者様にとって「抜歯」は身体的、精神的に負担がかかる施術です。宮歯科医院は口腔外科専門医として、最大限痛みをおさえた施術を心がけております。問題のある親知らずをそのまま残しておくことにより、本来一生残したい隣の歯を失わないためにも一度ご相談ください。
親知らずは抜いたほうがいい?
親知らずは必ずしも抜く必要はありません。健康できちんとそろった歯の場合、抜歯をせずに経過を見守るケースもあります。ただし、以下のような状況・症状がある場合は正常な他の歯を守るために抜歯の判断をすることがあります。
  • 痛みや晴れを感じる場合
  • ななめ、横向きに歯が生えている場合
  • 中途半端に生え止まっている場合
  • かみ合わせに問題がある場合

腫瘍(悪性腫瘍・良性腫瘍)

口腔や顎にできる腫瘍には良性の腫瘍と悪性の腫瘍があります。悪性腫瘍の多くは癌腫で、舌癌や歯肉癌などが多く見られます。
悪性腫瘍は咀嚼や発音など機能に関わり、これらの治療には機能の温存と整容的な面を両方考慮した治療が必要になります。

口腔顔面外傷

口腔顔面外傷とは、顔の皮膚や口腔内の粘膜損傷、歯や顎骨、頬骨などの顔を形成している部位の外傷のことです。口腔外科では咬み合わせの機能回復も重視した治療を行います。

顎関節疾患

顎関節やその周辺に痛みを感じたり、口があかないなどの顎関節に関わる疾患です。顎関節症は歯科三大疾患の一つとも言われています。
顎関節症について

口唇裂と口蓋裂

唇が割れた「口唇裂」、口蓋が裂けてしまい、口腔と鼻腔がつながってしまっている「口蓋裂」は体表に起こる出生時、先天異常の代表的なものです。日本人では約500人に1人程度の割合で起こる先天異常で、治療には成長発育に合わせた一環治療を行い異常の回復を行います。

顎変形症

顔に歪みや捻れなどの変形と咬み合わせの異常が起きている状態です。受け口や出っ歯とよく言われます。治療には外科的手術と矯正歯科治療を併用し正常な咬合の獲得と表情の審美的改善を目指します。
何かお困りのことがあれば、当院の矯正医へご相談下さい。

歯の欠損症(インプラント)

自身の歯を失ってしまった場合に、顎の骨に人工の歯根を埋込み、欠損した歯を補います。埋め込む歯根の素材には骨との親和性が高いチタンが使われます。インプラントの特徴として天然の歯と同じような感覚で噛むことができます。