小児歯科

小児歯科の治療

「子供の歯なんていずれ永久歯に生え変わるから
むし歯のまま放っておいても大丈夫」なんて思っていませんか?

子供の虫歯は、永久歯にくらべて進行も早く直下にある永久歯の発育に影響したり、早期脱落・喪失により隣の歯の倒れ込みなど、子供の将来の生活に大きく影響します。乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく関係しています。
乳歯はどうせ生え変わるものというのは間違いで、子供の正常な成長発育には欠かせないものなのです。
歯医者さんが怖い、きらいというお子様がいます。
このようなお子様には治療に慣れてもらうための練習をくりかえし行い、大きな口が開けられるようになってから治療を始めます。
このようにトレーニングされ、治療がスムーズにできるようになった子供たちは遊びにでもくるような感覚で当院に通院しています。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布する事で、歯の質を強くし、虫歯になりにくくする処理です。
シーラントは奥歯の予防処置ですが、フッ素塗布は、歯全体の予防処置になります。
この2つの処置を行っていくことにより、虫歯の予防効果は高くなるのです。

シーラント

「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。
あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。
このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。
「六歳臼歯」に効果的
「六歳臼歯」に効果的
このレジンが長い間のうちにはがれてしまうことも考えられますが、いずれにしても短期的にはきちんと詰めればそれなりの効果があがっています。
生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は特に虫歯になりやすいので、この方法は有効です。

注意

シーラント・フッ素は予防処置ですので、この2つを行ったからといって、必ず虫歯にはならないというわけではありません。
ご家庭では、保護者のみなさんで仕上げ磨きを行い、食べたら磨く習慣をつけ、食生活の環境を改善していかれて下さい。

定期管理が大切

定期管理が大切
しかし、虫歯予防はもうこれで十分というわけではありません。
きちんとブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受け、フッ素を活用したり、食生活でも注意して、総合的にすすめることが大切です。