睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは
睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に呼吸が10秒以上停止し、それが(無呼吸が)5回以上繰り返される病気です。主に、いびき、昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状がみられます。
また、睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病と密接に関係しており、そのまま放置すると生命の危険に及ぶこともあります。また、睡眠時無呼吸症候群の眠気は交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療をすることが大切です。

睡眠時無呼吸症候群の治療について

睡眠時無呼吸症候群の治療は様々な治療方法がありますが、歯科医院での治療で代表的なものに「スリープスプリント治療」がございます。
スリープスプリントとは寝るときに下の顎を少し前方に突き出させるように工夫したマウスピースを口に入れてお休みになる方法です。この装置を入れることで気道が広がり、呼吸がスムーズに行えるようになることでいびきや無呼吸の症状がなくなります。 スリープスプリントでの治療には医師の紹介状が必要です。
この治療を当院で行うには、お医者様からの診断書、指示書が必要になります。

初診相談

スリープスプリント治療には医師からの紹介状が必要です。医師の検査を受けていただき、「睡眠時無呼吸症候群」と診断され、スリープスプリントによる治療が必要な場合に歯科医院で治療を行います。
宮歯科医院では提携医院へのご紹介も行っております。
お悩みの方はお気軽にお問い合わせください。